和菓子ハンターが行く!

お取り寄せ和菓子実食レポートブログ

« 梅ヶ枝餅:太宰府天満宮:福岡県太宰府市/松屋+松島茶店和菓子ハンターHOME チーズケーキ三昧♪:福岡デザートフォレスト:福岡県福岡市中央区ホークスタウン内 « 

うその餅、太宰府天満宮御用達:梅園:福岡県太宰府市

夏休み家族旅行和菓子ハンター九州上陸!太宰府天満宮御用達編

さて、もう一つ太宰府天満宮がらみで要チェックの和菓子があります。

うその餅

それは、御菓子処梅園さんの「うその餅」!

スポンサーリンク

テレビで取り上げられた「うその餅」

太宰府天満宮の参道を歩いていると、テレビで取り上げられた、とポップが書いてあったので、ついふらふらと寄りました。

試食してみたところ、とても不思議な味がしたので、それがなんなのか、もっと確かめたくて自宅用に購入。後で見ると、ガイドブックにものっていました。

これは、一体なんなんだ?

さて、帰宅してのレビューです。金色に輝く太宰府天満宮御用達のシール!

太宰府天満宮御用達

外の包装紙をとると、箱はこんな感じ。

うその餅箱

ふたを開けると、くろもじと由来を書いた紙が。

うその餅由来

そして、上にのった紙をとると・・・

なんとびっくり「うその餅」

なんじゃこりゃ?

緑の平面です。お店の人が教えてくれたうその人形部分だけぬけていますが・・・

今までに、和菓子の箱のふたを開けて
こんなにびっくりしたのは、初めてです・・・

「うその餅」とは?

気をとりなおして。

うその餅」のうそというのは、うそつきではなく、鳥のうそです。

太宰府天満宮では、このうそにちなんだ「うそかえ」神事というのもあるそうです。この木でできたうそ、お店の人がお守りにもっておくといいですよ、と買った時に教えてくれました。

今まで経験したことないつい食べてしまう後をひく味!

さて、では、早速くろもじで切り取ってみます。現地で試食していたので、この緑も食べれるとわかっていますが、これだけ見ると、どうやって食べたらいいかわからないんじゃないでしょうか。

うその餅切りとる

お皿にのせてみました。すっととれますが、緑の粉がぽろぽろ落ちるのが、たまにキズ。

うその餅お皿にのせる

では、いただきます。

緑の部分が不思議な食感。

そこから、ほんのりシソの味と香りがして、それが甘い。シソというと梅干しでしょっぱい、すっぱいとすりこまれてるので、シソの香りがするのに甘いのがなんとも不思議。今まで食べたことのない味。これは、うまいのか?

と、言いつつ、不思議な感じに、ついもう一個、あと、もう一個と、結局あっという間に半分食べてしまい、これは、やっぱりおいしいんだろうな。

中には、もちが入ってます。

うその餅断面

一緒に入っていた木のうその人形。大きさは親指の関節一つ分くらい。可愛いのでお守りがわりに書斎に飾りました。

うそのとり

今まで経験してきた「うまい」という概念をうち破る「うその餅」。やっぱり、これはこれでおいしいと思う。我こそは、と思う方どうぞ、お試しあれ。わたしもできることなら、もう一回食べたいです。

さて、次はわたしが密かに期待していた、ホークスタウンの「デザートフォレスト」レポートです!

福岡で和菓子ハンターが泊まったおすすめの宿

楽天トラベル  タカクラホテル福岡

 タカクラホテル福岡お泊まりレポートはこちら
 ウェルシティ小倉お泊まりレポートはこちら

「夏休み家族旅行和菓子ハンター九州上陸!編」全記事一覧

  • 「夏休み家族旅行和菓子ハンター九州上陸!編」 編集後記
  • 博多通りもん:明月堂:福岡県福岡市博多区
  • 「ひよ子」再び!(株)ひよ子
  • だんご:幸ふく(こうふく):山口県下関市
  • チーズケーキ三昧♪:福岡デザートフォレスト:福岡県福岡市中央区ホークスタウン内
  • うその餅、太宰府天満宮御用達:梅園:福岡県太宰府市
  • 梅ヶ枝餅:太宰府天満宮:福岡県太宰府市/松屋+松島茶店
  • 湯布院の牛乳プリン:九州乳業(株):大分県大分市
  • きんとん&黒糖あんみつ:石村萬盛堂萬年家:福岡県福岡市
  • 博多一風堂大名本店でラーメンを食す!:福岡県福岡市
  • タカクラホテル福岡=安いのにこの高級感♪:福岡県福岡市
  • ロボスクエア&九州エネルギー館:福岡県福岡市
  • マリンワールド海の中道♪:福岡県福岡市
  • 九州厚生年金会館ウェルシティ小倉=Nice♪:福岡県北九州市小倉
  • 番外編!下関・門司おすすめスポット
  • 外郎「おいでませ」:(株)本多屋:山口県山口市
  • もみじまんじゅう:やまだ屋:広島県廿日市市宮島町
  • 和菓子ハンター九州上陸!
  • スポンサーリンク

    ■ 探している和菓子が見つからなかったら? >>>検索に表示された以外のページに掲載されていることがあります。以下の検索ボックスでサイト内を検索できます。
    ※検索のヒント:和菓子の名前、種類(漢字とひらがな)、和菓子屋さんの名前(漢字とひらがな)、県名、市町村名などで検索すると見つかりやすいです。

    コメント(5)

    この記事にリンクをさせていただきました。
    初心者で、うまくトラックバックできませんでしたの、ハイパーリンクにしました、すみません。

    orenoartさん、こんにちは。
    リンクしていただいた記事を探してみたのですが、よくわかりませんでした。
    お手数ですが、記事URLを教えていただけますか?
    よろしくお願いいたします。

    orenoartさん、おはようございます。
    記事アップされたみたいですね♪

    なるほど、お米の中にあのうその人形を入れてらっしゃるんですね。
    いいアイデアかも~☆

    わざわざコメントいただきありがとうございます。
    私の猫Blog、気が向いた時に癒しの場として覗いていただければ光栄です。

    さてさて、うその餅に関する私の感想です。
    出身地である福岡のお菓子なのですのですが、1度しか食べたことがありません。
    味は、確かに不思議ですね。グリーンの印象が強いためにミントが混じっていたような気がしていたのですが、「しそ」だったんですね。
    一度食してみて、好きな人なら病み付きになるんでしょうか?
    人形は古い知人が福岡を離れて久しい私達夫婦に送ってこられた時のものを米びつに入れているのですが、「味といい、色といい、人形の形といい」全て個性的かつめちゃくちゃローカルなところが気に入ってます。

    orenoartさん、おはようございます。

    あのうその餅は、確かに不思議な味ですね。
    定番の美味しさとはずいぶん違いますよね。
    あまりに今まで経験したことのないありえない味なので、印象が強烈で、もう一度それを確認するために食べてみたくなる、という感じでしょうか。

    うまいのか、まずいのか、賛否両論分かれるところかもしれません。

    わたしは、もう一回食べてみたいと思う派です。
    ちょっと、はまっちゃったかも♪