和菓子ハンターが行く!

お取り寄せ和菓子実食レポートブログ

« 光の束、彩雲堂「彩紋」をお取り寄せ♪和菓子ハンターHOME GW鳴門うず潮和菓子の旅 その2/渦の道で渦潮を堪能♪ « 

GW鳴門うず潮和菓子の旅 その1/津田の松原SA「きなころ」

2007年ゴールデンウィークも後半戦となりましたが、皆さんお出かけの計画は出来ていますか?我が家では、前半に徳島県の鳴門へ行ってきましたので、よろしければ参考にしてくださいな。

瀬戸大橋を渡る

さて、岡山と香川と言えば距離的にはとても近いのですが、瀬戸大橋の料金が高いので、意外と日帰り旅行の対象からははずれてしまいます。しかし、今回は「大塚国際美術館」へ行きたいので、橋を渡ることにしました。

スポンサーリンク

もうちょっと、瀬戸大橋の料金が安くなったら嬉しいんですけどね。

瀬戸大橋はいくつかの異なる橋からできていますから、昼間に通ると、その雄大な姿にある種の感動を覚えます。子どもさんと通るときは、事前に調べておいて、この橋は、「××橋」だよ、なんて解説してあげるといいかもしれませんね、と橋に着いてからしまった、と思った自分です。

与島SAには降りず、一路高速道路を四国へ。

津田の松原SA

最初の休憩ポイントは、津田の松原サービスエリア。車から降りると、外向きのお店でなにやら美味しそうなものがいっぱい売っているのでふらふらと、売り場へ。

ここは、見晴らしも良いので、写真を撮影しても良いかもしれませんよ。我が家も前回来たときに写しました。

たこ天

さて、外のお店で買った一つめ、たこ天。よくある揚げ物系ですね。だんなが食べました。1個確か250円だったかな?

070503tsuda1.JPG

あと、子どもがフライドポテトを買いました。1個200円。

アイスクリーム

下のこどもがソフトクリームを食べたいというので、バニラのソフトクリームを探したのですが、意外にも見つけられず。バニラ以外の変わった系ソフトクリームはあったのですが、バニラはなかった様子。

仕方ないので、自販機でよくある17アイス(?)みたいなのを買いました。

わらび餅

外のお店で、わらび餅を買いました。まあ、普通の味かな?

070503tsuda2.JPG

あと、ぶどう餅というのもあったのですが、まだ朝早くて出来てなかったんです。食べてみたかった、残念。

おいしかったきな粉生クリーム大福「きなころ」

さて、ここのサービスエリアで試してみていただきたいのが、「きなころ」。讃岐和三盆を使用したきな粉の生クリーム大福です。わたしはこれが美味しかった。

070503tsuda3.JPG

販売者は高松母恵夢。愛媛の母恵夢作ってる会社と何か関係があるのでしょうか?調べてみたけれどよくわかりませんでした。

大福の色はちょっと黄色。きな粉の色かな?

070503tsuda4.JPG

中は、きな粉あん+生クリーム?あっさりした甘さで後口が良いです。

070503tsuda5.JPG

このきなころ、中の売店で販売しています。お持ち帰り用には冷凍ですが、その場で食べたい時は、ばらで冷蔵もあります。自分は1個だけばら冷蔵を購入しました。1個137円。

和三盆の町引田

天気も良かったので、引田インターで高速を降り、ここからは海岸沿いの国道を一路鳴門へ。天気の良い日に海を見るとなんだか心もウキウキ♪ゴールデンウィークですが、まあ田舎なので国道はすいていて、すいすい。

引田インターを降りてしばらく行くと、讃岐和三盆の看板があちらこちらに。先ほどのきなころも讃岐和三盆を使用していましたが、このあたりは、和三盆の産地みたいですね。

国道沿い左に「ばいこう堂」、しばらく行って右手に「三谷製糖」。時間があったら寄れるのに・・・と横目に見つつ、通過。鳴門の渦潮の見頃の大潮の時間には到着していたいので、寄れませんでした。さっきの津田の松原でちょっと時間を掛けすぎてしまいました。

鳴門スカイライン

途中、鳴門スカイライン(無料)に入り、すごく高い橋を「うわーっ!怖いー!」と言いつつ、通過。一瞬のことですが、こどもには、うけてました。なんとか渦潮の見頃の時間に間に合うように鳴門大橋までたどり着きました。

その2へ続く >>>

徳島県鳴門市宿泊情報

鳴門グランドホテルは、管理人も以前泊まったことがありますが、割と感じの良いホテルでした。

楽天トラベル   鳴門グランドホテル

GW鳴門渦潮和菓子の旅関連記事

  • 永遠の憧れ、金長(きんちょう)まんじゅうに捧げるオマージュ/鳴門旅行お土産編その6
  • 鳴門金時ポテト:ハタダ/鳴門旅行お土産編その5
  • 深山栗(みやまぐり)ひろい:ハタダ/鳴門旅行お土産編その4
  • うまいじゃないか!ハタダの御栗(おんくり)タルト、栗タルト/鳴門旅行お土産編その3
  • 子どもの日だよ!ハタダの「のぼり鯉」/鳴門旅行お土産編その2
  • ふじやの阿波ういろ/鳴門旅行お土産編その1
  • GW鳴門渦潮和菓子の旅 その6/お土産+讃岐うどん
  • GW鳴門渦潮和菓子の旅 その5/念願の大塚国際美術館へ
  • GW鳴門渦潮和菓子の旅 その4/大鳴門橋架橋記念館エディ
  • GW鳴門渦潮和菓子の旅 その3/焼きたてちくわ、きんつば、だんご、わかめソフトってなんだ?
  • GW鳴門うず潮和菓子の旅 その2/渦の道で渦潮を堪能♪
  • GW鳴門うず潮和菓子の旅 その1/津田の松原SA「きなころ」
  • スポンサーリンク

    ■ 探している和菓子が見つからなかったら? >>>検索に表示された以外のページに掲載されていることがあります。以下の検索ボックスでサイト内を検索できます。
    ※検索のヒント:和菓子の名前、種類(漢字とひらがな)、和菓子屋さんの名前(漢字とひらがな)、県名、市町村名などで検索すると見つかりやすいです。