和菓子ハンターが行く!

お取り寄せ和菓子実食レポートブログ

« お中元に金沢烏鶏庵の天来烏骨鶏プリン♪和菓子ハンターHOME マンゴーあんのマンゴー葛まんじゅう « 

京都で6月30日に食べる和菓子、水無月

京都では、6月30日に「水無月」という和菓子を食べる風習があるそうですね。

「水無月」は、6月30日という、1年のちょうど中間の日に、残り半年間の無病息災を祈って食べる和菓子だとか。「水無月」の形が三角なのも、四角を半分に切ることで、半年に見立てているそうです。

スポンサーリンク

「水無月」は、ういろう生地の上に、甘納豆をのせたもののようです。

水無月のレシピに挑戦!

ニッセンさんのサイトで、レシピを見つけました。

見た感じ、割と簡単そうです。今年は、6月30日はちょうど、土曜日ですから、興味のある方はおうちで作ってみられてはいかがでしょうか?

わたしもちょっと挑戦してみようと思っています。

(2009/01/18追記:サイトがリニューアルされて、レシピコーナーはなくなったようです。残念。)

上記のバナーから、ニッセンさんのサイト「いいフード」へ移動すると、「さしすせそ」というコーナーがあります。(この記事を書いている時点では、右下にバナーがあります。)

「さしすせそ」のバナーをクリックして移動した先で、調味料別にわかれたメニューの中で、砂糖のvol3が、「水無月」のレシピです。

ね、めっちゃ、簡単そうでしょう?わたしでも作れそうです。

ちょっと手に入りにくいかな?と思うのが、小豆甘納豆ですが、先日スーパーに行くと、山崎製パン製の小豆甘納豆が一袋50円で売っていたので、買って帰りました。羊羹などの和菓子を置いてあるコーナーにありました。興味のある方は、お近くのスーパーで探してみてください。

水無月をお取り寄せ!

時期的に6月30日には、間に合わないかもしれないのですが、自分が作った水無月だけでは、本当の水無月がわからないかもしれないので、本場京都から、水無月を取り寄せることにしました。

お取り寄せ先は、前からお取り寄せしてみたかった「京みずは」さん。ついでにお試しセットも頼んじゃいました。また、届いたらレビューいたします。

購入はこちら  京都の和菓子 京みずは

京みずは関連記事

  • メリー・クリスマス!京みずはの可愛いX'mas上生菓子
  • あっさりもっちり京みずはの生麩まんじゅう
  • 素材を味わう、ぷるるん、京みずはのわらび餅
  • 京みずはの水羊羹若竹、あっと驚く取り出し方
  • 6月30日に食べる和菓子、京みずはの水無月
  • 京都で6月30日に食べる和菓子、水無月
  • 水ようかん「若竹」:京みずは:京都府長岡市
  • スポンサーリンク

    ■ 探している和菓子が見つからなかったら? >>>検索に表示された以外のページに掲載されていることがあります。以下の検索ボックスでサイト内を検索できます。
    ※検索のヒント:和菓子の名前、種類(漢字とひらがな)、和菓子屋さんの名前(漢字とひらがな)、県名、市町村名などで検索すると見つかりやすいです。