和菓子ハンターが行く!

お取り寄せ和菓子実食レポートブログ

« 竹久夢二本舗敷島堂「マスカットきびだんご」和菓子ハンターHOME 姫路菓子博2008第一期前売り券発売期限迫る « 

二條若狭屋の家喜芋やき栗詰合せをお取り寄せ!

二條若狭屋:京都市中京区

京都の二條若狭屋の家喜芋とやき栗の詰め合わせをお取り寄せしてみました。

071012wakasaya1.jpg

お取り寄せ先はいつもの高島屋オンラインショッピング。

スポンサーリンク

さて、こちらがお取り寄せした、二條若狭屋の家喜芋とやき栗。なかなかに可愛らしくて微笑ましいパッケージであります。

071012wakasaya2.jpg

開けてみると、家喜芋とやき栗がそれぞれパックされた状態で入っていました。日保ちが短いので、早速いただきます。

071012wakasaya3.jpg

やき栗:二條若狭屋

こちらが、やき栗。見た感じは、なんとなく丸いちくわみたい。

071012wakasaya4.jpg

でも、やき栗というくらいなんだから、中には栗が入っているのだろうと切ってみると、おお、入ってました。一粒栗がまるごとどかん。栗を白餡で包んで周りに焼き色をつけた感じですね。

071012wakasaya5.jpg

ぽいっと口に放り込むと、栗がほくほくして美味しく、白餡ともよくあいます。栗好きの主人のつぼにもはまったようで、今回は文句も言わず、「これは、旨い」とうなりながら食べています。

やき栗、旨い!

家喜芋:二條若狭屋

こちらは、家喜芋。最初、全部こしあんかと思って食べていたら、あんこが何種類かあるようです。

071012wakasaya6.jpg

こちらは、こしあんの家喜芋。

071012wakasaya7.jpg

粒あんの家喜芋。

071012wakasaya8.jpg

白餡の家喜芋。

071012wakasaya9.jpg

「家喜芋」とあるから、さつま芋を使った和菓子なのかなと思っていましたが、食べてみると、薯蕷饅頭に近い味でした。さつま芋は使ってないようなので、「家喜芋」の芋は、山芋(つくね芋)のことのようですね。

味的には、あんこは、あっさりと上品で美味しかったですが、饅頭がややわたしの好きなしっとり加減にまで足りなかった感じ。できれば、出来たてを食べてみたいと思った「家喜芋」でした。

やき栗が美味しかったので、できることなら、リピートしてみたいです。

2016/07/03追記:

高島屋のオンラインストアでやき栗が入ったセットが購入できるので、栗好きな方は、お取り寄せしてみてもいいかもですね。

おすすめです。

購入はこちら ▶ 二條若狭屋|高島屋オンラインストア

スポンサーリンク

■ 探している和菓子が見つからなかったら? >>>検索に表示された以外のページに掲載されていることがあります。以下の検索ボックスでサイト内を検索できます。
※検索のヒント:和菓子の名前、種類(漢字とひらがな)、和菓子屋さんの名前(漢字とひらがな)、県名、市町村名などで検索すると見つかりやすいです。