和菓子ハンターが行く!

お取り寄せ和菓子実食レポートブログ

« 和風スイートポテト、源吉兆庵「おふく芋」和菓子ハンターHOME 栗きんとんあんorマロンクリーム?源吉兆庵の深山の栗 « 

源吉兆庵津弥栗リニューアル

津弥栗:源吉兆庵:岡山県岡山市

こちらが源吉兆庵のNew津弥栗。以前、津弥栗は食べたので、買うかどうしようか迷ったのですが、パッケージが変わってますね、とお店のお姉さんに言ったら、「新しくなったんですよ。」と教えてくれたので、買うことにしました。

071124tuya4.jpg


ちなみに、リニューアル前の津弥栗はこちら >>>

スポンサーリンク

さて、以前よりパッケージが小ぶりに可愛くなりました。秋らしさと栗らしさのオレンジのパッケージ。

071124tuya1.jpg

原材料など。

071124tuya2.jpg

以前の津弥栗は、パッケージの中でさらに銀色の真空パックみたいな袋に入ってたのですが、今度の津弥栗は、ねじって止めたパッケージを開くと簡単に取り出せました。

071124tuya3.jpg

おお、これは、逆光が美しいあんこ系。そういえば、去年の冬にみなもと吉兆庵の清水かげを撮影してから、逆光での和菓子撮影に目覚めたことを思い出します。

071124tuya4.jpg

接写できるデジカメなので、もうちょっと津弥栗に近づいてみます。つやつやぷるぷる美味しそうです。

071124tuya5.jpg

切ってみました。こしあん系のあんこに、栗がまるごと入っているようです。

071124tuya6.jpg

しかし、これはリニューアルしたというより、以前の津弥栗とは、まったく別の和菓子な感じですね。雰囲気的には、つぶあん系の栗宝華のこしあん版っぽいです。

早速いただいてみましたが、源吉兆庵さんのこういう系の羊羹というかあんこというか、は、羊羹でもなく、あんこでもなく、でも柔らかくてあんこが美味しくてという、一種独特の美味しさがあります。

栗の甘さとこしあんの甘さが相まって、そのほどよい甘さが嬉しくて食べていると元気が出る一品です。また、食べたいです♪

こちらも季節商品ですが、販売が9月上旬から1月上旬なので、まだ手に入ると思います。

それにしても、源吉兆庵さんの和菓子は本当に上品で、美味しいですねえ。ハッピー!

源吉兆庵お取り寄せ情報

まずは、本家本元公式サイト。
 源 吉兆庵

百貨店でも源吉兆庵さんの和菓子の販売があります。
まずは、高島屋さん。
購入はこちら  宗家 源 吉兆庵|高島屋オンラインストア

大丸松坂屋さんは、なぜかカテゴリが2つできてるので、両方リンク見てね。
購入はこちら  宗家 源吉兆庵|大丸松坂屋オンラインショッピング
購入はこちら  宗家 源吉兆庵|大丸松坂屋オンラインショッピング

※ 以下、「吉兆庵」で検索すると見つかります。
購入はこちら  東急百貨店ネットショッピング
購入はこちら  天満屋ネットショップ

源吉兆庵関連記事最新5件

  • 夏に嬉しい冷やしぜんざい 宗家源吉兆庵
  • ほんのり桃味!源吉兆庵の白桃しぐれ
  • 宗家源吉兆庵の紅密りんご
  • お正月に宗家源吉兆庵の菱花びら
  • 源吉兆庵のおせち菓子で新年を祝う
  •  源吉兆庵関連記事を全部見る

    スポンサーリンク

    ■ 探している和菓子が見つからなかったら? >>>検索に表示された以外のページに掲載されていることがあります。以下の検索ボックスでサイト内を検索できます。
    ※検索のヒント:和菓子の名前、種類(漢字とひらがな)、和菓子屋さんの名前(漢字とひらがな)、県名、市町村名などで検索すると見つかりやすいです。