和菓子ハンターが行く!

お取り寄せ和菓子実食レポートブログ

« 不思議な食感!金沢うら田[浦田甘陽堂]の「さい川」 / 金沢和菓子 file 006和菓子ハンターHOME 金沢うら田の抹茶クッキー「こい茶」 / 金沢和菓子 file 008 « 

竹筒から水羊羹を出すのが楽しい、金沢うら田の本生水ようかん「水涼」/ 金沢和菓子 file 007

本生水ようかん「水涼」:金沢うら田/浦田甘陽堂:石川県金沢市御影町

竹筒に入った水ようかんを見るとわくわくします。以前、京みずはの竹筒入り水ようかんをとある方法でちゅるんと出してから、すっかり竹筒水ようかんが気に入っています。

さて、こちらは、金沢うら田の本生水ようかん「水涼」。ご覧のとおり、竹筒ようかん。

080712uratayokan1.jpg

めいてつエムザの「金沢小箱」第三弾です。

スポンサーリンク

原材料など。

080712uratayokan2.jpg

この竹筒ようかん。一見ほんものの竹っぽいですが、実はプラスチック製。底にぷっちんするところがついています。

080712uratayokan3.jpg

ぷっちんしてみましたが、ようかんは、出てきません。こういう時は、京みずはで知った竹筒ようかんの出し方。

ぷっちんしたところに、穴が開くので、そこへふっと息を吹き込みます。すると、あら不思議、なかから、ちゅるんと水ようかんが出てきます。

だんなに息を吹き込んでもらって、撮影しようと思ったのですが・・・

080712uratayokan4.jpg

あっという間に、ちゅるんと出てくるので、撮影失敗。

080712uratayokan5.jpg

こちらが出てきた金沢うら田の本生水ようかん。

080712uratayokan6.jpg

真ん中で切ってみました。甘さ的には普通でしょうか。ワタシ的にはもうちょっとみずみずしい方が好きですので、(一番好きなのが、たねやの本生水ようかん。)、わたしの基準では、まあまあと言ったところでしょうか。

あっと驚く手品的要素を楽しみたい方、こどもさんにウケを狙いたい方向け。

[an error occurred while processing this directive]

前の記事  « 不思議な食感!金沢うら田[浦田甘陽堂]の「さい川」 / 金沢和菓子 file 006
次の記事  金沢うら田の抹茶クッキー「こい茶」 / 金沢和菓子 file 008 » 

 金沢和菓子旅行2009記事一覧
 金沢和菓子旅行2008記事一覧


スポンサーリンク

■ 探している和菓子が見つからなかったら? >>>検索に表示された以外のページに掲載されていることがあります。以下の検索ボックスでサイト内を検索できます。
※検索のヒント:和菓子の名前、種類(漢字とひらがな)、和菓子屋さんの名前(漢字とひらがな)、県名、市町村名などで検索すると見つかりやすいです。