和菓子ハンターが行く!

お取り寄せ和菓子実食レポートブログ

« 金沢芝寿しの笹寿司:金沢和菓子食べ歩き夏休み2008 vol.36和菓子ハンターHOME 香ばしいみたらし団子、近江牛まんin賤ヶ岳SA(上り):金沢和菓子食べ歩き夏休み2008 vol.38 « 

金箔入りの柴舟!今屋の箔のかおり:金沢和菓子食べ歩き夏休み2008 vol.37

箔のかおり:今屋:石川県金沢市彦山町

さて、お昼休憩をした尼御前SA(上り)で、金箔入りの柴舟を見つけたのでお土産に買いました。

080930haku5.jpg

今屋さんの金箔入り柴舟「箔のかおり」。

スポンサーリンク

ぱっと見、おみやげに喜ばれそうなパッケージ。

080930haku1.jpg

原材料を見ると、「金箔」の2文字が。

080930haku2.jpg

金箔が入ってると、ちょっと高級そうに見えるのが嬉しいところ。

080930haku3.jpg

個包装されたもの8個が、さらに湿気ないようにパッケージに入っていました。

080930haku4.jpg

今屋さんの柴舟は、大きさ的には、柴舟小出の柴舟くらいの大きさだと思います。

080930haku5.jpg

あ、本当に金箔だ!

080930haku6.jpg

金沢市内の和菓子には、金箔をちらしたものが多いですね。さすがに、全国で金箔を作っているのは、金沢だけ(らしい)というお土地柄のようです。

さて、今屋さんの「箔のかおり」は、しょうが味はやや抑え気味なので、それほど辛くなくて食べやすいです。

しょうがが嫌いでなければ、食べれると思います。

柴舟の中には、しょうが味が強烈に効いていて、生姜好きでなければ厳しいものもありますので、この「箔のかおり」は、いわゆる入門編の生姜度だと思います。

目にもきらきらして楽しいので、お土産に是非!


 今屋さんのサイトはこちら

あと、金沢市内で買い忘れた加賀棒茶を購入しました。これは、覚えていたら、後ほどレビューいたします。

お昼休憩を終え、一路、岡山へ帰路を急ぎます。

の、はずなのに、ほぼ各駅停車っぽく次は、賤ヶ岳(シズガタケ)SAで休憩。

前の記事  « 金沢芝寿しの笹寿司:金沢和菓子食べ歩き夏休み2008 vol.36
次の記事  香ばしいみたらし団子、近江牛まんin賤ヶ岳SA(上り):金沢和菓子食べ歩き夏休み2008 vol.38 » 

 金沢和菓子旅行2009記事一覧
 金沢和菓子旅行2008記事一覧

スポンサーリンク

■ 探している和菓子が見つからなかったら? >>>検索に表示された以外のページに掲載されていることがあります。以下の検索ボックスでサイト内を検索できます。
※検索のヒント:和菓子の名前、種類(漢字とひらがな)、和菓子屋さんの名前(漢字とひらがな)、県名、市町村名などで検索すると見つかりやすいです。

コメント(2)

はじめまして。月詠山路の小松市在住の3児の母でーす。アサピーさんからとんできて、何気にみてたら、金沢和菓子三昧夏休み旅行・・一気に読んでしまいましたー。すごい、ほんとに和菓子がお好きなんですねー。もうただただびっつくりで・!!
ちなみに、七尾にも数年住んでいて、七尾城旅館にも宿泊したことあり、水族館は何度もいきました!でも足湯は知らなかったですよ~。すごい穴場ですよきっと!
ブログをよくみたら、岡山なんですねー、なんと遠いところからようこそようこそです~。
ほんとに、石川県人として(職場は金沢ですので)一言御礼がいいたく、コメントさせていただきました!お疲れ様でした!(^^)!

kakoさん、初めまして。
ご訪問ありがとうございます。

ああ、月詠山路の小松市にお住まいなんですね。
今回時間があれば、是非松葉屋さんに立ち寄りたかったのですが、あいにく時間切れで行けませんでした。
金沢は、本当に見るところがたくさんあって、素晴らしいですね。
一度行っただけではまだまだ物足りないです。何度も行きたいと思いました。
足湯は、ここ1~2年のうちにオープンしたみたいですよ。まだ新しかったです。機会があれば、是非おでかけくださいな。