和菓子ハンターが行く!

お取り寄せ和菓子実食レポートブログ

« ふる里総本家の分厚い栗どら和菓子ハンターHOME 素朴なおいしさ甘陣屋「いきなりだんご」 « 

ふる里総本家の和菓子「ふる里」は昭和天皇お買い上げの銘菓

ふる里:ふる里総本家:静岡県浜松市

ふる里総本家の「ふる里」。

081012furusato5.jpg

その受賞履歴を見ると、佐藤総理大臣賞受賞、厚生大臣賞金牌受賞、岸総理大臣賞受賞、最高名誉賞金牌受賞、名誉総裁高松宮賞牌受賞となんとも華々しい。

スポンサーリンク

しかし、見た目が実に地味でひっそりとした和菓子なので、家族が買ってきてくれたお土産の中では、つい食べるのはラストになってしまいました。

081012furusato1.jpg

封を開けて、中から出てきた包みを見ても、実に地味で、そうそうたる受賞歴を知らなければ、申し訳ないけれど、食べてみようとは思わなかったかもしれません。

081012furusato2.jpg

原材料を見ると、なかなか良い仕事をしているのかもしれないと思い直し。

081012furusato3.jpg

和菓子「ふる里」。華々しいのは受賞履歴だけではなく、昭和天皇・皇后陛下・皇太子殿下(今上の天皇陛下)お買い上げ商品というのだから、恐れ入る。

081012furusato4.jpg

一体この地味な和菓子のどこがそんなに美味しいのか、これは食べてみなくてはなりません。

早速いただいてみると、まわりの茶色い色は甘く味付けした紫蘇の葉で、その紫蘇の葉でこしあんの羽二重餅(?)を包んでいます。

甘さはかなり甘めですが、美味しいです。

これは、こくのあるお茶あるいは、渋みのあるお茶と一緒に食べたくなりますね。抹茶とかも良いかもしれません。

081012furusato5.jpg

見た目は地味な和菓子で、地味地味と連発して、ふる里総本家さんには申しわけないですが、でも、味はさすがに皇室お買い上げだけはあるなと、納得のお味でした。

機会があれば、またいただきたい和菓子です。

サイトはこちら ▶ ふる里総本家

 ふる里総本家の記事を全部読む >>>


スポンサーリンク

■ 探している和菓子が見つからなかったら? >>>検索に表示された以外のページに掲載されていることがあります。以下の検索ボックスでサイト内を検索できます。
※検索のヒント:和菓子の名前、種類(漢字とひらがな)、和菓子屋さんの名前(漢字とひらがな)、県名、市町村名などで検索すると見つかりやすいです。