和菓子ハンターが行く!

お取り寄せ和菓子実食レポートブログ

« 何度でも食べたいあんこの本/姜尚美著和菓子ハンターHOME 笹屋伊織のくず餅、笹くず餅 « 

京都とっておき和菓子散歩/監修 宮澤やすみ、写真・文 泉美咲月

京都の和菓子本二冊目。

まるごと一冊、京都の和菓子。

ディープにはまれて、嬉しいぞ。

京都とっておき和菓子散歩
泉美咲月
河出書房新社
売り上げランキング: 314935
おすすめ度の平均: 4.5
5 和菓子で楽しむ大人の京都
4 表紙と違ったギャップに驚きました


さて、京都の和菓子というと、上生菓子を思い浮かべる管理人ですが、本書でとりあげられているのは、もっと身近で日常的な和菓子。

みたらし団子に焼きもち、おまんに、最中。

日常の中でおやつに食べたい和菓子達の大集合です。

スポンサーリンク

京都の和菓子本を二冊も買えば、重なるところも多いかと思ったのですが、違うお店が紹介されていれて、意外でした。

それだけ、京都の和菓子店がたくさんある、ということなのでしょうね。

さすが、京都!

ちなみに、どの本を見てもとりあげられているのは、出町ふたばの豆餅。

最初は、行く気はなかったんだけど、並ぶほど人気というのを聞いて、だんだん気になってきました。

並びに行こうかな。

そして、やっぱり日曜日休日の和菓子店が多いなあ。

京都で和菓子目当てで行く時は、行きたい和菓子店のお休みの日をよく確認してから行った方がいいですね。

それから、この本、行きたい和菓子店選びには、大変役立ちますが、残念ながら、地図がさっぱり。

観光ガイド本ではないので、お店の場所は、別途調べる必要があります。

一冊、全部調べたおかげで、京都の地理がだいぶわかってきました。

京都のオススメ和菓子を知りたい方には、おすすめです。

おもしろかった!

Amazon.co.jp  京都とっておき和菓子散歩

スポンサーリンク

■ 探している和菓子が見つからなかったら? >>>検索に表示された以外のページに掲載されていることがあります。以下の検索ボックスでサイト内を検索できます。
※検索のヒント:和菓子の名前、種類(漢字とひらがな)、和菓子屋さんの名前(漢字とひらがな)、県名、市町村名などで検索すると見つかりやすいです。