和菓子ハンターが行く!

お取り寄せ和菓子実食レポートブログ

« ジャン=ポール・エヴァンでお茶した!|JR大阪伊勢丹B2F和菓子ハンターHOME 【モニターレポ】自家製餡の朝焼きみかさとか旨いに決まってるじゃないか!! « 

織部の緑の色合いが美しい銘々皿買いました!

さよなら団子皿

わたくし、長らくこちらの清水焼の団子柄の銘々皿を愛用しておりました。

080515wayuan2.jpg

皆様も当サイトで、和菓子がのっかってる皿として、時々ご覧いただいていたと思います。

2枚あったこの団子皿が一枚割れました。

しくしくしく。

大事にしてたので、ちょっとショックでした。

しかし、形あるものはいつか壊れるもの。

これは新たな銘々皿をゲットしろという天の声か!!??

と、勝手に解釈して、つまり新しい銘々皿を買うことにしました。

スポンサーリンク

今回は織部の銘々皿にしてみた!

実は前から気になっていた焼き物のお店がありましたのよ。

ここ、ここ!

瀬戸焼のお店!

 せと焼窯元やまなか

なかでも、ここの織部焼にひどく心惹かれる感じで、見てると「えへへへへ☆」と幸せになる感じがするのですよ。

織部焼というのは、愛知県の美濃焼とか瀬戸焼を代表する焼き物のうちの一つです。緑色の釉薬が特徴的。

今回の銘々皿は花柄と、

130825oribe1.jpg

うさぎ柄にしてみました。

130825oribe2.jpg

和菓子が映えるといいなあ。

裏側はこんな感じ。

130825oribe3.jpg

あと、これ銘々皿なのですが、同じシリーズの食器をいろいろ販売しています。

くぼみカップというのを一つ買ってみました。

130825oribe4.jpg

普通にカップ&ソーサーとして使えますね。

130825oribe5.jpg

こちらは、うさぎ柄のお皿で。そんなに違和感ありません。

130825oribe6.jpg

うん、いい感じだ。

うさぎ柄のくぼみカップも買おうかなあ。

ヒビが入ってるけど、わざとだからね!

あと、こちらの焼き物は、器と釉薬の収縮率をわざとずらし、ヒビを入れる技法である「貫入(かんにゅう)」という技法が使われています。

これは、わざとニュアンスを高めるためにこうしているのであって、ヒビが入ったり割れているわけではないそうです。

130825oribe7.jpg

ティーカップの中も、

130825oribe8.jpg

こんな感じです。

130825oribe9.jpg

あと、くぼみカップの裏側はこんな感じ。緑色がいい味出してる!

130825oribe10.jpg

ここ、お値段もそんなに高くないので、おすすめです。

リピーターになっちゃいそうなくらい、わたし好みの食器がいっぱい!!

おすすめですよー!!

購入はこちら  せと焼窯元やまなか|織部焼一覧

スポンサーリンク

■ 探している和菓子が見つからなかったら? >>>検索に表示された以外のページに掲載されていることがあります。以下の検索ボックスでサイト内を検索できます。
※検索のヒント:和菓子の名前、種類(漢字とひらがな)、和菓子屋さんの名前(漢字とひらがな)、県名、市町村名などで検索すると見つかりやすいです。