文旦(ぼんたん)漬舟切:泰平食品(有):鹿児島県阿久根市

少し前、和菓子ネタが切れた時、スーパーを放浪していて、ふと目についたのが、この文旦(ぼんたん)漬。ボンタン飴のとなりに置いてありました。

061111bontan2.JPG

ボンタン飴は良く食べたことあるけれど、文旦漬ってどんなの?と思い購入してみました。

文旦漬和菓子レビュー

ちなみに、ボンタン飴というのは、鹿児島県鹿児島市のセイカ食品という会社が作っている、昔からある超有名な飴です。

同じボンタンなので、似た味を想像して購入しましたが、ずいぶん、違った味でした。

こちらが、購入したぼんたん漬。鹿児島県阿久根市の泰平食品(有)の製造。

061111bontan1.JPG

原材料は、文旦、砂糖、水飴と、とてもシンプル。

文旦と言えば、「土佐」となんとなく思っていましたが、鹿児島県阿久根市もあくね文旦という文旦が特産品だそうです。

早速いただいてみます。見た目はなんだか、かずのこの砂糖漬けって感じです。

061111bontan3.JPG

まわりに砂糖がたっぷりまぶしてあります。一口かむと、何かたまごみたいにぷちぷちとはじける感触が・・・

そして、柑橘類特有の苦みが来て、でも甘い。はまったら、やみつきになりそうな味です。一切れが、結構たくさんのボリュームです。

で、わたしは、これ、果肉を砂糖漬けにしたものだと、思いながら食べていたのですが、どうやら、文旦の皮を砂糖漬けにしたものみたいですね。

かなり分厚かったけど、あれ皮だったんだ・・・そういえば、あの苦みって、皮の白いところの苦みといっしょだったわ。

061111bontan4.JPG

どうりで、食べても、うす皮っぽいものがなかったはずです。あのぷちぷち感は、皮のぶつぶつだったのかも。

たまには、こんなシンプルで素朴なお菓子もいいもんですね。

楽天市場でお取り寄せ出来ます。

タイトルとURLをコピーしました