大津菓子調進所(有)鶴里堂の比叡杉羊羹(ひえすぎようかん)

比叡杉羊羹:大津菓子調進所(有)鶴里堂(かくりどう):滋賀県大津市

鶴里堂の比叡杉羊羹が、滋賀京都和菓子三昧旅行のラストレビュー。どこで買ったお土産かというと、琵琶湖博物館のミュージアムショップ。

070822kakuri1.JPG

キャラクター土産に混じって、なにやらどっしりとした風格のある和菓子が置いてあるので、気になって買ってみました。


赤いのがこしあんで、ベージュ色が抹茶。手に持つと、羊羹なので結構ずっしり重いです。

070822kakuri2.JPG

この羊羹の製造元、大津菓子調進所(有)鶴里堂は、京菓子と並び称された大津菓子の老舗。

こちらは、比叡山の千年杉をモチーフにした、比叡杉羊羹のこしあんタイプ。「比叡杉羊羹」と書いて、「ひえすぎようかん」と読みます。まさかだじゃれを狙っているわけではないのでしょうが、なんとなく、ユーモラスな雰囲気が漂ってきます。

070822kakuri3.JPG

材料も「小豆、砂糖、寒天、水飴」と、とてもシンプル。

070822kakuri4.JPG

比叡の杉を模した形なのでしょうが、つい昨日、伊賀流忍者博物館へ行ったばかりなので、つい忍者の巻物を連想してしまうわたし。

070822kakuri5.JPG

開け方は、上の方にあるひもをひっぱってぬき、反対側から、うんしょこらしょと押し上げます。難しくはないけれど、ちょっと力が必要です。押し出した所。

070822kakuri6.JPG

ででーんと長い丸太のような羊羹なので、遊園地の切り株のように置いてみました。

070822kakuri7.JPG

味は、甘いけど、あっさりしたくどくない煉り羊羹です。

こちらは、抹茶羊羹。

070822kakuri8.JPG

丸太のような羊羹というのも、なかなか新鮮。

070822kakuri9.JPG

原材料は、こんな感じ。

070822kakuri10.JPG

抹茶の味は、さほど強くなく、甘いのにあっさり。ここの羊羹は、甘味も結構あるのに、あっさりとした印象が強いですね。上品で美味しい味です。

後で、地図を見てみると、どうも京都へ向かう途中、近くを通ったっぽい。知ってたら、ちょっと寄り道したのにな、残念。

さて、これで、滋賀京都和菓子三昧旅行のレポートは、全て終了です。次回は、まとめ。

続く >>>

浜湖月:滋賀県長浜市の素敵な高級旅館!

浜湖月(滋賀県長浜市):今回の旅行で宿泊した素敵な高級旅館。
予約はこちら ▶ 浜湖月
すぐ目の前に琵琶湖の景色が広がり、料理がおいしい!貸し切り風呂あり。郷土料理の焼き鯖そうめんも是非一度食べてみて♪

▶ 感激の浜湖月お泊まりレポートはこちら

▶ 滋賀京都和菓子の旅全記事一覧はこちら

タイトルとURLをコピーしました