ひらいの巨大苺大福を君は見たか?

今回の和菓子:いちご大福:ひらい:岡山県倉敷市

ひらいのいちご大福。夕方に行くと売り切れてしまってないというから、人気なのか?

060104ichigodaifuku-h1.JPG

ひらいの豆大福もでかいと思ったけど、いちご大福もでかかった。

君はあの超巨大苺大福を見たか?

さて、ひらいの苺大福なのですが、とにかくでかい。

自宅で好きなように作っても、こんなにでかくは、作れないでしょう、というでかさ。一緒に買った上生菓子と比較してみるとその大きさがわかっていただけるかしら?

060104ichigodaifuku-h2.JPG

思わず、おおー♪と、どよめきをうむその大きさ。普通よく見かける苺大福の二倍以上あるような気がします。なにゆえ、こんなにでかいのでしょうか?

060104ichigodaifuku-h3.JPG

いちごが二つ入ってるとか?あんこがたっぷり入ってるとか?もちが分厚いとか?憶測がとびかいましたが、とりあえず、切ってみることに。

060104ichigodaifuku-h4.JPG

大粒苺がどかーんと入ったひらいの苺大福

切ってみてわかりました、ひらいの苺大福が大きい原因。なんと、とても大粒の苺が中にどーんと入っていたのです。そうか、でかい苺を使うから、こんなにでかい苺大福になるのか・・・

060104ichigodaifuku-h5.JPG

中のあんこは、白あん。いちご大福は、白あん系と、こしあん系とたまに粒あん系がありますが、自分は白あん派。

最後に残った2個を買ったので、わたしには回ってこないかと思いましたが、半分食べることが出来ました。うまーい♪いちごがジューシーで、それが、白あんとよくあって、たまらん。最初に苺大福を考えてくれた人に感謝!

半分でも結構ボリュームがありますが、やっぱり、一個丸々食べたかったなあと思います。今度もし、買いに行くときは早起きして、買いに行こう♪それに、またいちご大福、自宅で作ってみようと思いました。もちろん、巨大苺を買ってきて、ね♪

続く >>>

▶ ひらいのほかの和菓子記事を見る

ひらいの和菓子とフラワーギフト。

▶ ひらいのサイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました