ひよ子のぴよぴよ最中、可愛いような、そうでもないような

ぴよぴよ最中:ひよ子:福岡県福岡市

家族の九州土産、ひよ子大を買ってもらったので、ついでにひよこつながりで、いろいろ買ってきてもらいました。

100824monaka1.jpg

まずは、ひよこの形のぴよぴよ最中。


普通のひよ子も食べたかったので、モナカとひよ子の詰め合わせにしてもらいました。

100824monaka2.jpg

さて、どんなモナカが出てくるのか?

100824monaka3.jpg

・・・なんか予想外のデザインでした。

100824monaka4.jpg

ひよ子の形をした最中が一つの包みに2つ入っています。

100824monaka5.jpg

白い方は抹茶餡。

100824monaka6.jpg

抹茶というより、もうちょっと普通のお茶っぽいお茶かも。

茶色い最中は、粒あん。

100824monaka7.jpg

どっちも結構甘いけど、甘い割には後口が、意外とさっぱり。

ぴよぴよ最中の原材料。

100824monaka8.jpg

子供が、白い方は、卵の形してたら、可愛いのに!と言ってました。

ひよ子さん、そういうデザインバージョンは、いかがでしょう。

福岡へお出かけの際は、是非チェックしてみてくださいね。



ひよ子お取り寄せ情報:2019/08/29

ひよ子を製造販売している会社は、わたしの観測範囲内では2つありますが、元々のひよ子の会社は、福岡のひよ子本舗吉野堂(株式会社ひよ子)です。東京ひよ子は、昭和39年にひよ子本舗吉野堂が、ひよ子東京工場により東京に進出したのち、昭和63年に株式会社東京ひよ子を設立したみたいです。

和菓子ハンターが行く!でご紹介しているひよ子のお菓子は、福岡で入手したひよ子本舗吉野堂のお菓子がメインです。正直、福岡と東京で味の差があるのかどうかは、食べ比べたことがないので、わかりません。一応、気になる方は、気をつけて見てみてください。

福岡のひよ子オンラインショップ ▶ ひよ子オンラインショップ

タイトルとURLをコピーしました