番外編!下関・門司おすすめスポット

下関・門司おすすめスポット編

さて、和菓子ハンターの夏休み家族旅行九州編第1日目は、関門海峡本州側の下関と九州側の門司を観光しました。

ただし、我が家は子連れ。いわゆるおしゃれなだけでは、こどもが退屈しますから、こどもの興味をひきつつ、なおかつ大人も楽しめる場所を見つけなくてはなりません。

今回ピックアップしたのが、次の三カ所。家族会議で決定しました。

下関市立しものせき水族館「海響館」

時間調節のつもりでよった「海響館」。ところが、ここがとても見ごたえがありました。時間調節なんてとんでもない。たっぷり楽しめる水族館です!

イルカショーになごむ♪

到着するとすぐに、イルカとアシカのショーがありました。前列何列かまでは、水にぬれる水しぶきプレゼントつき。水にぬれるのがイヤなので上の方で見ました。途中でこんなパフォーマンスも。

060801kaikyoukan-kiss.jpg

会場からは、「きゃー、かわいいー♪」と歓声が♪確かに、とってもプリティ♪

水族館の展示は、下関という場所柄か、フグについての展示がとても充実していました。ちょうど、この前かったばかりのマンガ「築地魚河岸三代目」の2巻で、フグの話題が出てくるので、そこで登場するフグの名前を探して盛り上がりました。

そして、今回もっともグロテスクだったクラゲがこれ。

060801kaikyou-kurage.JPG

メモをなくしてしまったのですが、確か「ビゼンクラゲ」という名前だったと思います。(間違ってたらごめんなさい。)こんなにグロいのに、食用だそうです。しかも高級食材。この姿を知ってたら、食べにくいなあ・・・

などなど、盛りだくさんで楽しめて超満足の水族館でした。

海峡ドラマシップ

海峡ドラマシップ、実は展示はあまり見る時間がありませんでした。お子さま向けで楽しめるのは、この中の海峡こども広場。

こどもが遊べるおすすめスポット

下から上まで、青いロープが編み目にはりめぐらしてあって、そこで、子どもたちが遊ぶ、遊ぶ。まわりには、ぐるりと上まで通路が続いているので、大人も上まであがれます。

わたしも一応ロープ部分に入ってみようと思ったんですが、なにせ、ダイエットブログもしてるくらいですから、なんか自分の重みでぶちっとロープが切れそうで、(切れないとは思いますが、)やめておきました。

時間は何分と特に決まってなくて、1回分の料金。。イベントなどでこういうのに参加しようと思ったら、時間制限がありますが、それを考えると破格の値段です。海峡こども広場は他の観覧とは別料金です。

一応中はクーラーが効いていますが、下の方は涼しいですが、上は暑いです。なので、最初上まで上がって写真とか撮ってからは、一番下で涼みながら休憩しつつ、子供が満足するまで遊ばせました。

関門海峡航行シュミレーション!

あと、こどもが喜んだのが、4Fのリアルタイム関門海峡。関門海峡の航行シュミレーションです。行った時はかなり人が少なかったので、かなり長い間楽しめました。

残念だったのが海峡レトロ通りをあまり見れなかったこと。映画の撮影スタジオみたいなところにショップがあるのですが、時間がなくて、ざっとしか見れませんでした。こういうところは、子連れだとあまりじっくり見れないんだよなあ・・・

さて、時間もないので、海峡ドラマシップを後にして、九州鉄道記念館へ。

九州鉄道記念館

鉄道好きの大人・こども向け

九州鉄道記念館、ここは、実際の車両の展示と、鉄道パノラマ、ミニ鉄道、運転シュミレーターが見どころでしょうか。

実際の車両展示は、鉄道好きの主人の解説付きで、ほーと、感心しながら、見学。ミニ鉄道は、おこちゃま向け。鉄道パノラマは残念ながら、入館が遅かったので、上映が終わっていました。

鉄道大好きのボクには、うけるかも、というところでしょうか。

一日目門司下関観光スポットまとめ

思いがけず、海響館が掘り出し物で、(というと、海響館には失礼かもしれませんが、)大満足でラッキーという感じ。

九州鉄道記念館にもっと早く行けば良かったな。

あと、海峡ドラマシップと九州鉄道記念館のまわりは、門司港レトロと言ってとてもおしゃれな感じだったのに、疲れちゃって歩いて散策できなかったのが残念。今度は、のんびり散策してみたいなあという感じです。

さて、一日目の観光も終わり、いざ宿へ!どんな宿かちょっとわくわく。

福岡で和菓子ハンターが泊まったおすすめの宿

楽天トラベル ▶ タカクラホテル福岡(阪急阪神第一ホテルグループ)

▶ タカクラホテル福岡お泊まりレポートはこちら

▶ 夏休み九州旅行2006の一覧を見る

タイトルとURLをコピーしました