黄金茶屋でみたらし団子、琵琶湖博物館へ

ソフトクリームとみたらし団子

ソフトクリームを求めてさまよう我が家族に愛の手をさしのべてくれたのは、海洋堂ミュージアム前の黄金茶屋の看板がかかったこじんまりとしたお店でした。ちょうど、みたらし団子も店頭で焼いていたので、そこで休憩することに。

070817mitarashi.JPG

こどもは、ソフトクリームを食べてご満悦。わたしは、みたらし団子も美味しいけれど、やっぱりカフェ叶匠寿庵でお茶もしたかったなあ。

しかし、そろそろこどもの気力も限界、わたしも持病の片頭痛の発作が始まり、頭がずきずきとし始めたので、長浜黒壁スクエア散策はこれにて終了。歩いて浜湖月まで戻り、長浜を出発。

琵琶湖博物館へ

長浜市の浜湖月から草津市の琵琶湖博物館へは高速道路を通って、約1時間くらいの道のりでしょうか。その間に、片頭痛発作の薬トリプタンを飲んで、1時間、助手席で仮眠を取りました。

薬が効くのがちょうど1時間くらい。途中の多賀サービスエリアにもう1回寄りたかったのですが、途中で起きるとわたしの場合薬が効きにくいので、琵琶湖博物館までノンストップ。

琵琶湖博物館へ着く頃には、なんとか頭痛はおさまりましたが、特別展とディスカバリー・ルームを見学したところでダウン。トリプタンを飲んだ後は、身体を動かすのはしんどいんですよ。

パパがいいよと言ってくれたので、常設展は、子どもたちとパパだけで、まわってもらい、わたしは、一階のレストランでケーキセットを食べつつ、休憩。こどもたちによると、まあまあおもしろかったようです。

帰りに、ミュージアムショップで、おみやげに羊羹を買いました。

夕食は近江牛でしょう、みたいな

さて、昼ご飯は結局食べ歩きでお腹がいっぱいになり、食べなかったのですが、夕食は、せっかく滋賀まで来たのなら、もうちょっと近江牛を食べたいよねという話しになり、ガイドブックを見てみましたが、高い!うーん。

と、思っていたところで、食いしん坊の本能で穴場を発見しました。

夕食は、道の駅で!

浜湖月:滋賀県長浜市の素敵な高級旅館!

浜湖月(滋賀県長浜市):今回の旅行で宿泊した素敵な高級旅館。
予約はこちら ▶ 浜湖月
すぐ目の前に琵琶湖の景色が広がり、料理がおいしい!貸し切り風呂あり。郷土料理の焼き鯖そうめんも是非一度食べてみて♪

▶ 感激の浜湖月お泊まりレポートはこちら

▶ 滋賀京都和菓子の旅全記事一覧はこちら

タイトルとURLをコピーしました