唐土庵の生もろこしと三豆三度(さんどさんど)

唐土庵:秋田県仙北市

またまた、家族の東北土産。

今度は、秋田県は仙北市の和菓子店「唐土庵」さんの生もろこしと、三豆三度のレビュー。

生もろこし:唐土庵

まずは、唐土庵さんの「生もろこし」から。

100519morokoshi1.jpg

最初、名前だけ聞いたら、とうもろこしで作った和菓子かと思ったのですが、そうではなくて、「唐土」は中国を意味するもろこし。

秋田では、昔からルーツは中国にあると言われている「もろこし」という打物(押物)に分類される和菓子が作られていたそうです。


生もろこしというからには、生じゃないもろこしもあるようですが、なにせ、もろこし自体初体験なので、ちょっと謎です。

100519morokoshi2.jpg

早速、いただいてみました。

100519morokoshi3.jpg

うーん、これは今まで食べたことがない味です。

もろこしは、小豆の粉を使った和菓子です。

手にとると、固形なんですが、口の中に入れると、ほろりと解けます。

そして、例えば、和三盆の干菓子なら、もっと砂糖の柔らかい甘みがせまってきますが、これはとても控えめな甘さで、こちらから探索に行かなくてはならない感じ。

じっと、感覚を鋭くして、これは一体何の味だろうと、記憶の中を探ると、どうやら小豆っぽい。

そして、普段見ないあずきの横顔っぽい。

生もろこしは、押物(打物)だそうですが、食感は、干菓子ほど乾燥しておらず、かと言って、生菓子や饅頭のようではないとでもいいましょうか。

例えられる、似た菓子を思いつかないですね。

ややくせのある味なので、子供は食べにくいかも。

生もろこしの原材料。

100519morokoshi4.jpg

三豆三度/さんどさんど:唐土庵

さて、三豆三度は、この生もろこしを、きな粉風味のチョコレートで包んだものです。

100519morokoshi5.jpg

こどもさんとかは、こちらの方が、食べやすいかも。

100519morokoshi6.jpg

コーティングしてあるチョコレートは、きな粉風味なので、もろこしのあずき豆、チョコレートのカカオ豆、丹波きなこ黒豆と、豆が三つ重なるから、「三豆三度/さんどさんど」と名付けられたようですね。

100519morokoshi7.jpg

冷やして食べると美味しいということだったので、冷蔵庫で冷やして食べました。

100519morokoshi8.jpg

三豆三度の原材料。

100519morokoshi9.jpg

唐土庵生もろこしまとめ

唐土庵の生もろこし、楽天市場にも出店されていて、割りと人気があるようです。

ただし、残念ながら、管理人の好みではなかったかなあ・・・。

ちょっと食感と味が。

とてもお上品なお味ではあるんですけどもね。

わたしは、普通にあんこになった小豆の方が好きかも。

好き嫌いが分かれそうな味です。

我こそは!と思う方は、秋田名物、是非トライしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました