おととせんべいとは、これいかに?

おととせんべい:亀屋元蔵/きさやもとぞう:香川県高松市

先日の高松日帰り旅行でまだご紹介してなかったラスト和菓子。

道の駅むれで買ったおととせんべい。

100910ototo1.jpg

「おとと」というのは、幼児語で魚という意味だそうです。


おととせんべいは、その名の通り、魚を使ったせんべい。

100910ototo2.jpg

それも、すり身を練り込んだとかいうのではなく、大胆にまんまのっけとけ、みたいな。

例えば、エビせんべい。

100910ototo3.jpg

エビがそのままプレスされています。

100910ototo4.jpg

このちょっと茶色いところは、エビの旨味が出たところで、このせんべいで一番美味しい部分だそうです。

言われてみると、そんな気も。

おととせんべいの裏側とか。

100910ototo5.jpg

これはカレイかな?

100910ototo6.jpg

さすがに、ちょっと骨があります。

普段小さい魚でも骨を取って食べる管理人なので、微妙に食べにくい・・・。

しかし、魚ってプレスすると、こんなに薄くなるものなんですね。

不思議だ!

100910ototo7.jpg

落として割ってしまったタコせんべい。

100910ototo8.jpg

これは、骨がないからいいよ。

おととせんべいの原材料とか。

100910ototo9.jpg

今回食べたのは3種類だけですが、亀屋元蔵/きさやもとぞうさんのサイトを見ると、結構いろんな種類の魚のおととせんべいを作っているようです。

えびせんべいとか、さきいかとか好きな人には嬉しいような感じの味です。

酒の肴とか、話のネタに良いかもですね。

おととせんべいは、亀屋元蔵/さきやもとぞうさんのサイトでネットの送信フォームで注文出来るようです。

お魚の好きな方は要チェックです!

▶ 象屋元象のサイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました