彩雲堂「蝉しぐれ・青柚子」

蝉しぐれ・青柚子:彩雲堂:島根県松江市

「蝉しぐれ」とはなんとも夏らしいネーミングの彩雲堂さんの和菓子。生協のカタログで久しぶりに彩雲堂さんの和菓子を見かけたので購入してみました。

080810semi1.jpg

実は、我が家の庭には大きな木が2本あり、どうもその地面の下にたくさん蝉の幼虫がいるらしいのです。


だから、夏になると、朝から、ミンミン、シャーシャー、ツクツク、ジージーと、窓も開けていられないほどに、大きな声で蝉たちが鳴いています。この記事を書いている今も、つくつくぼうしと、アブラゼミかクマゼミっぽい蝉が合唱しています。

だから、「蝉しぐれ」と聞くと、なんとなく、人ごととは思えず、注文してしまいました。

届いた、蝉しぐれ。

080810semi2.jpg

風流にも、竹筒の中に入っていました。

080810semi3.jpg

といっても、よくある水ようかんのように、竹筒の中に直接入っているのではなく、チューブ状のパッケージに入った物が竹筒に入っています。これだけ見たら、氷菓子のアイスキャンディみたいですね。

080810semi4.jpg

切ってお皿にのせてみました。

080810semi5.jpg

蝉しぐれはたぶん錦玉羹だと思うのですが、錦玉羹は結構甘いものが多いのですが、この蝉しぐれ青柚子は、甘いのですが、柚子のほろ苦さがほんのりかおって、さっぱりとした清涼感をかもしだしています。

この小さな青いのが、柚子の皮でしょうか?

080810semi6.jpg

ブルーのお皿に蝉しぐれ青柚子をのせると、青い柚子の実と、なんとなく山の中のひんやりとした清流を思い浮かべて、涼やかな気分になれました。

蝉しぐれは、「葛」バージョンもあるようです。目に楽しい彩雲堂さんの和菓子でした。



彩雲堂の和菓子お取り寄せ情報

更新日:2019/09/20

楽天市場などでお取り寄せできます。

タイトルとURLをコピーしました