お正月に!桜井甘精堂のひとくち栗かのこ

ひとくち栗かのこ:桜井甘精堂:長野県上高井郡小布施町

わたくし、ずーっと解せないことがあります。お正月のおせちの栗きんとんは、なぜ、きんとん部分はさつまいもなのか!と思うわけです。

栗の名前を名乗るからには、全部栗で作ってよ!!と。

まあ、でも、「金団」は金の布団ですし色的にはさつまいもですし、コスパ考えたら、あんなに栗使ったら、それだけですごい値段になっちゃいますよね。仕方ないっちゃあ、仕方ないのですが・・・

それでも、お正月にサツマイモの座布団を敷いた栗きんとんではなく、栗にまみれた全部が栗のそういうものを食べたいという方にはこちら!

151124kanseido-kuri-kanoko1.jpg

栗どころ長野県小布施の桜井甘精堂さんの栗かのこがおすすめ。


ちなみに、桜井甘精堂さんは前から気になってたのですが、当ブログ初登場です。今回は、ひとくち栗かのこが手に入りましたのでご紹介しますよ。

151124kanseido-kuri-kanoko2.jpg

まあ、言ってみれば、栗甘露煮の缶詰めですね。

151124kanseido-kuri-kanoko3.jpg

プルトップなので、缶切り不要です。

151124kanseido-kuri-kanoko4.jpg

通常、よく売ってるお正月用のパックの栗甘露煮は、栗が蜜の中に入って売られていますね。わたしもよく買ってます。

がしかし!

この栗かのこは、栗甘露煮が栗ペーストにまみれています!!

151124kanseido-kuri-kanoko5.jpg

原材料を見てみましょう!どん!

151124kanseido-kuri-kanoko6.jpg

「栗甘露煮(栗・砂糖)・栗・砂糖」!まさに、栗まみれですね。

甘露煮なので、少し甘めですが、栗の味がほくほくして旨いです。

缶詰めなので、賞味期限が長めなのも嬉しいですね。今回買ったものは、一年近くありました。

151124kanseido-kuri-kanoko7.jpg

おせち用の大缶と、ひとくちタイプと種類があるようです。

お好みで、ぜひゲットしてみてくださいね。

151124kanseido-kuri-kanoko5.jpg

タイトルとURLをコピーしました