京都三昇堂小倉とろとろ京生麩餅

生麩餠:三昇堂小倉/さんしょうどうおぐら:京都府京都市

前回に引き続き、倉敷天満屋でゲットした京都三昇堂小倉の生麩餠。

091023namafu1.jpg

倉敷天満屋のチラシを見つけました。「秋のスイーツフェスタとうまいもの」というイベントで来ていたようです。


三個入りです。

091023namafu2.jpg

生麩餠の原材料。

091023namafu3.jpg

我が家の上の子が、いつのころからか、生麩饅頭大好きで、声をかけると、喜んで食べにやって来ました。

写真を撮影している間に、取り終えたものを先に食べていたので、感想を、聞くと、

「とろとろ。」

生麩饅頭の感想で、とろとろというのは、初めてです。

091023namafu4.jpg

早速、わたしもいただくことに。

とりあえず、断面図を撮影してから、と思って半分に切ると、中から、餡がとろり。

091023namafu5.jpg

なるほど、これがとろとろですね。

あんこは、こしあんで、ご覧のとおり、かなりトロトロ。

味はかなり、アッサリですね。

生地に練り込まれたよもぎの香りが、ほんのり香るのが、よい感じです。

食感は、もちもち、ぷにぷに。よくみると、生麩饅頭じゃなくて、生麩餠って、なってます。

生麩饅頭と生麩餠は、別のものなのでしょうか。

どちらにしろ、美味しいことにかわりはなさそうです。

そういえば、催事場で、まだ若い販売のお兄さんが、ちょっと恥ずかしそうににっこり笑って「おおきに」と言ってくれたのが、なんか京都らしくて良かったです。

トロトロ感が、好きな方に!

タイトルとURLをコピーしました