しっとり美味しい、江戸祭人形焼

江戸祭人形焼:松栄食品販売:しょうえいしょくひん:東京都足立区

江戸祭人形焼という和菓子が、生協のカタログに掲載されていたので、お取り寄せしてみました。

070303ninyou1.JPG

人形焼とかもみじまんじゅうとかの美味しさのポイントとは?

人形焼とかもみじまんじゅうとか、カステラ+あんこの和菓子が美味しいかどうかというのは、自分の場合、カステラと、あんこが美味しいのはもちろんだけど、カステラとあんこがしっとりしているかどうかというのが、大きなポイントです。


たまに、カステラがぱさぱさなのにぶつかったりすると、がっくりしてしまいます。だから、こんな風にパックに入っている方がしっとり感が保てて良いのではないかという気がします。

070303ninyou2.JPG

で、この江戸祭人形焼、あんこもカステラもしっとりしていて、美味しいの♪あんこは、こしあんで、あんこも美味しい。おいしいので、ぱくぱく食べれますよ。

070303ninyou6.JPG

人形焼とは?

さて、人形焼、人形焼ってよく言いますが、いったいその定義は?Wikipediaを見てみると、

人形焼(にんぎょうやき)は、カステラにこしあん、小倉あんなどを入れて焼いた和菓子である。餡のないものは単に餡なしと呼ばれたり、カステラ焼きとも呼ばれる。・・(中略)・・東京都中央区日本橋人形町が発祥地とされ、東京土産として有名である。
Wikipediaより。

ということだそうです。さらに形についての詳細は、Wikipediaでご確認を。

人形焼の形いろいろ

さて、人形焼の楽しさというのは、もちろんおいしい和菓子を食べる楽しさというのもあるけれど、形を見て楽しむという楽しさもあります。

自分などは、今まで食べたことのない形の人形焼は、写真を撮ってこうしてブログにアップしたくなるのですから、もう思うツボなのかもしれません。楽しいからいいけど。

070303ninyou3.JPG

ということで、江戸祭人形焼は、10個入りでしたが、形は4種類ありました。残念ながら、浅草界隈の文化に詳しくないので、どの形が、どうという解説ができないのですが、とりあえず、4種類表と裏と撮影しましたので、わたしのコレクションに、また皆様のご参考に。

その1表

070303ninyou4.JPG

その1裏

070303ninyou5.JPG

その2表

070303ninyou7.JPG

その2裏

070303ninyou8.JPG

その3表

070303ninyou9.JPG

その3裏

070303ninyou10.JPG

その4表

その4裏

070303ninyou12.JPG

タイトルとURLをコピーしました