末富の優しいお煎餅両判/りょうばん/京都一人旅夏2010まとめ

両判/りょうばん:末富:京都府京都市下京区

さて、京都一人旅夏2010和菓子の旅、トリは、末富さんの和菓子。

末富で上生菓子を買った時に、おみやげに何か日持ちのするものを、と思って買ったのが、この両判。

まあ、お煎餅なのでしょうか。

100724suetomi1.jpg

相変わらず、水色の包装紙が美しいです。


両判のパッケージ。

100724suetomi2.jpg

缶入りです。

100724suetomi3.jpg

10枚入り。

100724suetomi4.jpg

中は、個包装ではなくて、ゆるりと、お煎餅を包んであります。

100724suetomi5.jpg

両判とは、大判二つという意味だそうです。

そう言われてみれば、確かに小判みたいな形です。

100724suetomi6.jpg

薄く砂糖がけがしてあって、黒いのは、黒糖味。

黒糖の甘さが舌に心地良いです。

白いのは、やや塩気があって甘辛い味。

味噌系?

あ、そうだ!ぽたぽた焼きみたいな味だ!

食感は赤ちゃん煎餅をもっとふわっと、ぱりっとさせたような感じです。

食べやすくて、美味しかっです。

末富、両判の原材料。良い仕事してます☆

100724suetomi7.jpg

好きかも!

京都和菓子一人旅2010夏まとめ

さて、和菓子一人旅2010夏京都編は、これにていったん終了。

今回は、初日は用事があったし、二日目は片頭痛発作でダウンしたりして、実質半日くらいしか和菓子ハント出来ませんでしたが、それでも京都の文化の奥深さというのは、まのあたりに出来ました。

一回や二回行ったくらいじゃ、いや、10回くらい行っても、きっと京都の和菓子の全てを知ることはできないでしょう。

これから、なるたけ体調を調整して、京都の和菓子ハントを続けたいと思います。

皆さんも、京都へ行ったら、是非美味しい和菓子、食べてくださいね♪

▶ 京都夏の一人旅2010の記事を全部見る >>>

タイトルとURLをコピーしました