今回物産展イチオシ!あんこがすごいボリューム!天山の鬼瓦最中が熱い!

鬼瓦最中:天山:福岡県太宰府市

倉敷天満屋で開催中の九州・沖縄物産展でいろいろネタを仕入れてきましたが、今回の本命が、実は天山の鬼瓦最中です。

100326tenzan1.jpg

お中元やお歳暮の時期に、当サイトでは、和菓子の販売情報を掲載していますが、その中で、毎回、お中元で天山の最中アイスが登場するんです。

お中元になる最中アイスって、どんなんだろう?と、ずっと天山には、アンテナがたってたわけで。

今回は、最中アイスではありませんが、鬼瓦最中が販売されるということで、これは買わなくちゃ!と思い、ブースへ。

インパクトのボリューム

天山のブースで、一番に目につくのが、ケース内に置かれている鬼瓦最中。

何が目につくって、その、あんこのボリューム。

写真撮らせてもらえば良かったー!

最中皮からはみ出さんばかりに、というか、これしまらないよ、という感じに、これでもか!とあんこがつめこまれています。

あっぱれ!というか、潔い!というか、あんこの量にもてなしの気持ちを感じられて、管理人、脱帽。

以前、梅花亭さんの最中が、口がしまらないくらいあんこが入っていて、すごいなと思ったのですが、あれどころではありません。

種類は3種類あったので、一個ずつ買って帰りました。

100326tenzan2.jpg

3個しか買ってないのに、すごいボリュームです。

鬼瓦最中:粒あん

基本、手作り最中が好きな管理人です。

鬼瓦最中は、最中のパリッと感は、手作り最中には劣ります。

しかし、そのあんこが凄い。

これでもか!とつめこまれたあんこに、愛を感じます。

100326tenzan3.jpg

粒あんは、上品な甘さで、あんこを堪能出来ました。

最中のパリッと感は、ありませんが、最中は、脇役として、十分にその役割を果たしており、あんことのコンビネーションは、良い感じです。

100326tenzan4.jpg

鬼瓦最中:抹茶

抹茶あんのもなかも、負けじと、あんこがつめこまれておりまする。

100326tenzan5.jpg

抹茶の風味が良く香り、うほっ!こりゃあたまりませんな♪

ふと、抹茶最中アイスを食べているような気がしました。

なんだか、とってもクリーミー。

鬼瓦最中:白あん

白餡は、とかく甘くなりがちですが、鬼瓦最中の白餡は、割とあっさりとしてあまり甘くないのに、まじ旨いです。

100326tenzan6.jpg

食べてる間に、このあんこ、なんか凄いぞ!感がひしひしと伝わってきて、食べ終わったら、幸せがどかーんと、やってきました。

和菓子屋さんによっては、製餡会社からあんこを買っているところもあると聞きますが、ここは絶対自家製餡だな、というあんこの美味しさです。

もう本当に、あんこ絶品!

まいりました。

鬼瓦最中まとめ

天山の鬼瓦最中、とても美味しかったです。

最中は地味になりがちですが、天山の最中は目にもご馳走。

あんこが凄いボリュームですが、美味しいので、ぺろっと食べちゃいます。

3個と言わず、もっと買って帰れば良かったよ。

近くの、かさのやさんの梅ヶ枝もちブースは、平日にもかかわらず、行列が出来ていました。

が、天山さんのブースは、割と空いていましたので、かなり狙い目!

あんこ大好きな岡山の方、是非、倉敷天満屋九州・沖縄物産展(開催期間:2010/3/24ー2010/3/29午後6時)の天山ブースで、鬼瓦最中、ゲットです!

そして、お中元時期には最中アイスをお取り寄せしようと、固く心に誓った和菓子ハンターでありました。

天山さんのサイトはこちら

太宰府参道天山  鬼瓦最中
もなか専門店 太宰府参道天山の鬼瓦最中 職人がこだわり抜いた逸品最中をお届けします。
タイトルとURLをコピーしました