ひとくち薄皮芋まんじゅう:(株)戸田屋:長野県飯田市

戸田屋のひとくち薄皮まんじゅうの芋あんバージョン。

この前から、田舎のスーパーの特設コーナーにひっそりと置かれていました。

たびたび見かけていると、犬猫じゃないけど、なんだか情がうつってしまい、つい手にとって、試しに昨日買ってみたら、旨かった!

061201usukawa-todaya-imo2.JPG

失礼ながら、見た感じ、そんなにおいしいとは、思ってなかったので、写真とってませんでした。なので、もう一回買ってきました。

戸田屋のひとくち薄皮芋饅頭和菓子レビュー

自分的にはあんまり主張してないような気がするパッケージ。

061201usukawa-todaya-imo1.JPG

いつもの茶色のお皿に軽く3つは乗る一口サイズ。

061201usukawa-todaya-imo3.JPG

一口サイズなので、気軽にぽんぽん口に放り込める。たとえば、ブログ記事を書きつつ、饅頭を口に放り込む!一パック、あっという間に完食してしまいます!

中は、芋あんがたっぷり♪白あんが混ざってる芋あんじゃなくて、芋そのものって感じ。雰囲気としては、あっさり味のスイートポテトに近い感じかな?

061201usukawa-todaya-imo4.JPG

昨日はあんまり思わなかったけど、今日のはいくらか、まわりの生地が固めか?

12個入りで売値208円でこの味なら、かなりイケテルと思う。日頃のおやつには、最適かも。しばらく、はまりそうです。

難を言えば、もう少し、パッケージにわくわく感があれば、みんなが手にとってくれそうなのに、ちょっと残念。いや、しかし、そうなったら、あっという間に売り切れて、自分の買う分がなくなっちゃうから、これでいいのか・・・

(しばし葛藤・・・)

コメント

  1. およりて! ≪双松庵唯七の店長日記≫ より:

    唯七翁の栗の樹

    高森農場には、双松庵唯七ブランドの由来となった宮島唯七翁が植えた、栗の樹があります。
    樹齢100年の古木ですが、今年も沢山の実をつけていました。
    &…

タイトルとURLをコピーしました